市松のり弁
a0159192_9201643.jpg

小6のオトウトクン、日曜参観のお弁当。
ウインナーときのこのソテーがちょっと濃い味になってしまった。。

早いものでもう6年生。今週後半には修学旅行なんだなー
どんなおみやげを買ってきてくれるのか、ちょっと楽しみな母です(^-^)♪


a0159192_18392716.jpg商品ラベルデザイン ロゴデザイン 広告マンガ
デザイン想
[PR]
# by designsou | 2015-04-19 09:47 | お弁当&お裁縫
メール文章力の基本
仕事でもプライベートでも、メールを書くのにとっても時間がかかってしまう私。
あらためて、メールについての基本的なルールを学ばないといけないな、と考えていたところ
こんな1冊に出会えました。

a0159192_1517149.jpg
--------------------------------------------------------
『メール文章力の基本』 藤田 英時 (日本実業出版社)
--------------------------------------------------------

「大切だけど、だれも教えてくれない77のルール」
のサブタイトルのとおり、意外と知らなかったメールの
ルール、表現、セオリー、メールにおけるもやもやとした
悩みについて、ていねいに教えてくれる1冊です。

恥ずかしながら、数年前までお客様からのメールに対して
「了解しました」 と使っていた私です。。。
また、つい最近まで 「ご返事」 を 「お返事」 と
書いていました。。

知らずに恥をかいているってこと、ありますよね。
恥をかくだけならまだしも、お客様にご迷惑をお掛けしたり、不快な思いをさせていては良好な関係が続くわけもありません。


筆者が書いておられましたが、メールのルールとして最も大切なのは相手の立場に立って書くこと。
シンプルですが、まさにこの一言に尽きます。
カタチだけではなく、やはり心遣いの表現としてのセオリーということなんですね。
うん、大事!


a0159192_18392716.jpg商品ラベルデザイン ロゴデザイン 広告マンガ
デザイン想
[PR]
# by designsou | 2015-04-09 15:40 | おすすめ本&モノ
こんにゃく煮弁当
a0159192_10423970.jpg

こんにゃく煮がメインというわけではないのですが、初めてお弁当に入れたのでこんなタイトル。。。
小5のオトウトクン、日曜参観のお弁当です。
オトウトクンはクリーム系のコロッケが入ってたらごきげん☆ です(笑)

こんにゃく、いんげん、ねじり梅の煮しめ、
あと、右下は大根、カニカマ、きゅうりのオーロラソースサラダ。
母は春っぽい色合いが気に入ってます(^-^)♪


a0159192_18392716.jpg商品ラベルデザイン ロゴデザイン 広告マンガ
デザイン想
[PR]
# by designsou | 2015-02-22 11:12 | お弁当&お裁縫
チョコがザクザク☆アメリカンクッキーで友チョコバレンタイン
めずらしくバレンタインネタです。

このところ近所のスーパーでバターが品薄だったから「今年は手作りせんとこ」と思ってたのだけれど
中1の娘が2日前、 「友チョコする!」 「10人と約束してきた♪」    ・・・なんですと!?
で、作ったのがコレ。

a0159192_21393133.jpg


ホットケーキミックスで作る、チョコがザクザク☆アメリカンクッキー(と命名)

バターがいらず、娘が1人でも作れそうなレシピをあれこれ検索して、わが家流にアレンジしました。
材料は、ホットケーキミックスとサラダ油、牛乳、チョコレート、クルミ、と、いたってシンプル!
そしてビニール袋に材料を入れてモミモミして生地を準備して、形を整えて焼くだけ。

プレーン(ミルクチョコレート)とココア(ホワイトチョコレート)の2色でちょっとかわいい♪
&ザクザク食感で想像以上においしかった ヽ(´▽`)/
友達との交換も楽しかったようで、いろいろと話してくれました。

そしてそして
小5の息子クンに同級生の女の子がチョコ持ってきてくれて、
家族みんながうれしそうだったという(笑)


a0159192_21313160.jpg


なにはともあれ、ハッピー☆バレンタイン!


a0159192_18392716.jpg商品ラベルデザイン ロゴデザイン 広告マンガ
デザイン想
[PR]
# by designsou | 2015-02-14 22:08 | 日常
気張る男
a0159192_13481364.jpg
松本重太郎翁、没後100年・生誕170年ということで
お正月休みに久しぶりに読み返しました。

-------------------------------------------------
『気張る男』 城山 三郎 (文春文庫)
-------------------------------------------------

明治を生きた京都府京丹後市丹後町間人出身の実業家、
松本重太郎翁の生涯が描かれています。
(自分が住む市のこの偉人のことを、数年前までまったく
知りませんでした。。)

十歳で家出。呉服商での丁稚奉公を経て独立し、
海外貿易で財を築いた後は「国家公共のために尽くしたい」
と、銀行、鉄道、紡績、ビール会社など次々と創業。
(現在に残る、東洋紡、アサヒビール、南海電鉄、
毎日新聞社など、関係した企業は41社にも及びます)



関西実業界の重鎮と言われるまでになった後、戦争による恐慌で紡績会社が倒産。
保身をはかることなく私財を全て手放し、関係していた会社から一切退きます。

人一倍学び、人に喜ばれる仕事をなすために、まっすぐに走り続けた潔い人生。

飛び出した以上、飛び出しただけのことをしなくては―
最初の店を立ち上げた際の言葉に、気持ちが奮い立たされました。

この春で独立して10年目に入る私ですが、初心を忘れず、謙虚に学びながら
人に喜ばれる仕事を続けていきたいな!


a0159192_18392716.jpg商品ラベルデザイン ロゴデザイン 広告マンガ
デザイン想
[PR]
# by designsou | 2015-01-27 14:00 | おすすめ本&モノ