商人道 「江戸しぐさ」 の知恵袋
a0159192_12555994.jpg--------------------------------------------------------
『商人道 「江戸しぐさ」 の知恵袋』 越川禮子 (講談社)
--------------------------------------------------------

「傘かしげ」 「肩引き」 「こぶし腰浮かせ」 などで知られる、江戸庶民の暮らしのエチケット&マナー、江戸しぐさについて書かれた本です。

もともとは、「傘かしげ」 等がどういう行為なのか説明した本が読みたいな、というところから巡り合ったのですが、著者も書かれているように、動作、礼儀作法、パフォーマンスとして一般的に知られているものは 「江戸しぐさ」 のほんの一端にすぎず、そのベースにあるのは互助、共生の精神でした。

この世に生きている人間は、みな仏様やご先祖様に見守られながら生きている。だから、お互いに教え合い、助け合って、顔を赤らめたりしないですむように、楽しく、明るく、いたわり合って暮らしていこうというセンス。
そんなところが本当にすばらしい!


本を読むだけではなく、手や足を実際に動かし、見聞きし、体験し、頭をはたらかせて自分で考えて、
教養をつける 「お心肥(おしんこやし)」、
自分の見る目のなさ、失敗 「うかつしぐさ」 を恥じる気持ちをもつこと、
約束をせずに突然押しかけるなど、都合を考えず勝手に相手の時間を奪う 「時泥棒」 の禁止、
物事の良い面、明るい面をみて 「陽にとらえる」 生き生きと共生するための知恵 などなど

仕事をする上でも、日々の人間関係においても、大切にしたいなと思うことが満載です。


a0159192_18392716.jpg商品ラベルデザイン ロゴデザイン 広告マンガ
デザイン想
[PR]
by designsou | 2015-07-08 13:37 | おすすめ本&モノ
<< 20150731気まぐれイラスト 市松のり弁 >>