富気を呼ぶ?
数年前から、お金に対する考え方がガラッと変わった。
誰に教わったのか忘れたのだけど、お金を払う時に 「ありがとう」 と思いながら払うとやがては戻ってくるんだよ、と聞いて、妙に納得したのがきっかけ。

考えてみれば、お金を使うことで自分の欲しかったモノが手に入り、今までになかった便利な生活を送ることができ、楽しい時間を持てたりもする。
つまり、お金と引き換えにいろんなものを手にしているわけで「お金がない~!」 というのはお金だけの増減しか見ていない、ということになるんだなぁと。

これで便利になるわーありがとう、楽しい時間をありがとう…
そんな気持ちでお金を使うようになってから、不思議とお金がうまく循環するようになってきた。
仕事においても、新しい機材を買い揃えると、しばらくしてその機材を活かせる仕事が入ってきたりするので、今いるなぁと感じたモノは高くても買う。いらないモノは安くても買わない、を実践中。

友達とそんな話をしていたら 「それって富気を呼ぶ考え方なんだよー」 と言われた。
「富気」  私は初耳だったんだけど 「お金に好かれるモノの考え方」 のことらしい。

検索してみたら、「富気を呼ぶパワーストーン」 とか 「富気を知って金運を身につける」 とか流行っぽいのがたくさん出てきたけど、腑に落ちたのは、とあるサイトにあったこのひと言。

富を手にする人というのは 「人を幸福にするアイデア」 をたくさんカタチにしている―

富というのは、誰かをだましたり、押しのけて手に入れるものでなく、執着心によって手に出来るものでもなく、人に喜ばれるモノは売れ、人に喜ばれる仕事は続けていける。そしてその結果として呼び寄せるもの。

ホント、こういうことなんだろうな。
そんなふうにして手にしたお金は、きっとまた新しいアイデアのために惜しみなく使えるんだと思う。
そんな循環が拡がれば、世の中もきっといいカタチになっていくよね。


a0159192_18392716.jpg商品ラベルデザイン / 筆文字ロゴデザイン / イラスト制作
デザイン想

[PR]
by designsou | 2010-11-22 08:56 | デザイナーの日常
<< 152_ぽむぽむ ミニミニたぬき弁当 >>